発酵いらず!シュークルート風キャベツとソーセージ

ビールのおつまみの定番、ビヤホールの人気メニューといえばソーセージ。

その付け合わせはキャベツの酢漬けが定番です。

もともとはドイツやフランスのアルザス地方の郷土料理で、ドイツ語ではザワークラウト、フランス語ではシュークルトとよばれ、キャベツを乳酸発酵させたお漬物の一種です。

トケイヤkitchenでは、乳酸発酵させるのではなく、お酢を使った煮込みにすることで、それに近いお手軽レシピで作って、ソーセージに添えるおつまみにしています。

キャベツをザクザクと切ったら、
塩を振ってよくもんで30分ほど置いて絞ります。
絞ったキャベツとキャラウェイシードをお鍋に入れます。

キャラウェイはなかなか使うことは少ないと思いますが、シュークルートには定番で、これを入れると一気に本格的になるので、ぜひ入れたいスパイスです。

お酢、砂糖、コンソメ、水を足して、
ぐつぐつと煮込みます。

ここでいったん火を止めて休ませて、キャベツに味をなじませます。

冷めたらソーセージ、茹で豚のスライス、レンジしたじゃがいもを鍋に入れます。

もう一度火にかけて、
蓋をして煮込みます。
ソーセージが芯まで熱くなったら👌
盛り付けます。
仕上げに粒マスタードとフレンチマスタードを添えてみました。

お漬物というと冷たいままポリポリと食べるイメージですが、シュークルートは漬けたキャベツを肉料理の付け合わせに温めて食べる煮込み料理といってもいいひと皿。

お肉と一緒に温めるというところをポイントに、最初から煮込んでその味を再現してみたちょっとアイディア…なレシピです。

レシピブログのランキングに参加中♪ よろしければクリックしてくださいね♪

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中