台湾の駅弁風ルーロー飯弁当

駅弁というとなんなとくおかずがいろいろ並んで、ごはんが押し型のおにぎりの幕の内風を想像してしまいますが、テレビで見た台湾の駅弁は丼風のルーロー飯で、おいしそうでした。

ご飯の上におかずをのっけたお弁当は日本でも、のり弁や牛丼弁当のようにいろいろありますが、ご飯にしみ込んだタレの味が美味しいんですよね。

最近は駅弁にも、「のっけ弁」が増えてきた気がします。
その魅力はまさにご飯にしみこむタレの味。

さて、今回は先ほど話した台湾のルーロー飯をイメージして丼弁当にしてみました。

豚バラブロックを細かく切って、同じサイズに玉ねぎと戻した干しシイタケを刻みます。

みじん切りのしょうがを炒め、豚肉と干しシイタケと玉ねぎをイン!

煮込むときの基本の味付けは醤油、みりん、砂糖、中華スープです。
あればゆで卵を入れるといいですね。

ポイントは八角。
これが入ることで、香りが一気に台湾風になります。

ぐつぐつ煮詰めて汁にとろみが出てきたら完成。

お弁当箱にご飯を盛ったら、まず煮汁を適量たらしてお米にしみ込ませて、具を盛りつけます。

冷めたら蓋をしてルーロー飯弁当の出来上がり。

これを持って電車に乗るなら、なぜか特急より鈍行がいいなという気がしますね。

缶ビールを一本買って、のんびりと各駅停車の旅。
その途中で蓋を取りたい。

そんなルーローハン風弁当です。

レシピブログのランキングに参加中♪ よろしければクリックしてくださいね♪

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中