パプリカのムース

レストランで出会った料理には本当にいろんなことを教えてもらうことがあります。

丁寧な仕事、とびきりの素材、美しい盛り付け、そして完璧な味。

もちろんすべてを再現できないからこそ、プロのお料理なのですが、おうちごはんをちょっとおしゃれにしたいときや、ホームパーティのおもてなしのときには参考にさせていただけると嬉しいなぁと思います。

今回紹介するのは、前菜の中でもアミューズと呼ばれる、つき出し的な小鉢にぴったりのひと皿です。

🍅トマトソースの材料

  • トマト
  • オリーブオイル
  • 塩胡椒
トマトは先端の皮に十字の切れ目を入れます。
沸騰したお湯をくぐらせて、
冷水にとって皮を剥きます。
トマトの水気を切ったら、
横半分に切って種を取り出します。
種を取ったトマトをざく切りにして、
フードプロセッサーにかけます。
なめらかになったら、オリーブオイルを合わせて塩こしょうで味を調えます。

トマトソースというと煮込んだ暖かもののイメージが強いかもしれませんが、冷製のお料理にはフレッシュさをいかしたこんなトマトソースもおすすめです。

続いてメインになるパプリカのムースを作っていきます。

🌶パプリカのムースの材料

  • パプリカ(赤)
  • 生クリーム
  • 塩胡椒
半分に切って種を取ったパプリカをアルミホイルに載せてオーブントースターで焼きます。
皮に焼き色がついてしんなりとしてきたら冷まします。
冷ましたら皮を剥いて、
ざく切りにしてフードプロセッサーにかけます。
こんな感じでOKです。

続いてパプリカと合わせる生クリームの準備です。

ボウルに入れた生クリームを泡立てます。
下から上にすくうようにビーターを動かして、
しっかり空気を含ませていきます。
時間はかかりますが、しっかりと角が立つまで泡立てます。

このあと合わせるピュレにしたパプリカの水分があるので、ここで生クリームを固くしておくのがポイントです。

パプリカに塩コショウをして、
生クリームを混ぜ込みます。
泡立てたクリームの気泡をつぶさないように、
優しく合わせていきます。
トマトソースを敷いた上に生クリームと合わせたパプリカを盛りつけて完成です。

クリームのコクとトマトソースの爽やかな酸味がいい相性で、スパークリングワインや辛口の白ワインにおすすめの一皿です。

多めにできた時は、ラップフィルムを敷いた容器に入れて冷凍しておくと、そのまま解凍して食べられるので、作りやすい分量でお試しください🌶

📓詳しいレシピはnoteでどうぞ

今回のレシピはnoteで先行公開させていただいています☺

材料の分量など詳しいレシピはnoteの“トケイヤkitchenおもてなし”をご覧いただけると嬉しいです。

レシピブログのランキングに参加中♪ よろしければクリックしてくださいね♪

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中