この夏ちょっとはまった冷や汁

宮崎県の郷土料理としても知られる“冷や汁”。

冷たいみそ汁かけごはん的な料理ですが、しっかり作ってみると奥が深い…!!

暑い日の続くこの夏、ちょっとハマったひと品です。

ポイントは、

  • 味噌を焼く
  • 魚も焼く、そしてほぐす
  • ごまをきかせる

このあたりでしょうか。

もちろん夏野菜を使うのも暑い季節に美味しく感じる秘訣です。

今回は魚はサバで。
小骨が少なくてほぐしやすいのがポイント。
お味噌を耐熱皿に広げて、
オーブントースターで焼きます。
香ばしく焼けました。
きゅうりは塩もみしてあります。

ごまは出汁に溶け込むすりごま、食感のアクセントになる粒ごまをダブルで使います。

焼き味噌をだしで溶いて、
具を入れます。
氷もプラスして混ぜつつキンキンに冷やします。
水けを切った豆腐の角切りを入れるとボリュームが出ます。

さらに今回は大好きな卵も使います。

そのスタイルはポーチドエッグ。いわゆる「落としゆで卵」。
もちろん半熟です。

お酢を入れたお湯を沸かしたら、
卵投入。
周りのお湯を大きく円を描くようにかきまぜて白身をまとめます。
茹で上がったらキッチンペーパーにとって水気を切ります。
ガラス鉢を用意しました。
ごはんに卵をトッピング。
具材たっぷりの冷やしたお汁を注ぎます。
彩りは大葉ときゅうり。

卵をくずしながらいただけば、味変もできてサラサラいけます。

暑くて食欲のない日には無敵のひと品です😋

レシピブログのランキングに参加中♪ よろしければクリックしてくださいね♪

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中