お茄子とお揚げさんの炊いたん

“炊いたん”という言葉も最近では料理のメニュー名として、通じるようになってきた気がします。

もともとは故郷のほうの方言で、うちの実家のあたりでは煮ることを炊くといいます。

たとえば、魚を炊く(=煮魚)、お揚げさんを炊く(=油揚げの煮つけ)みたいな感じでしょうか。

今回はそんな実家の味、茄子と油揚げの煮ものを作ってみました。

茄子は縦半分に切って、格子状の切り込みを入れます。
短冊に切った油揚げと一緒に鍋に入れて、水と粉末出汁、砂糖、みりん、醤油を加えて、
火にかけて沸騰したら弱火にして炊いていきます。

“煮る”じゃなくて“炊く”っていうんですよ、こういうとき。

お茄子にすっと箸が通るくらいに煮えたら…おっと、炊けたら、ですね☺

煮汁ごと冷まして味をなじませます。

冷ましたままでも美味しいし、冷めたのを冷蔵庫で冷やして冷たくしても美味しいし、もちろん温めなおしても美味しいです。

メインの料理に添える小鉢にいかがでしょう🍆

レシピブログのランキングに参加中♪ よろしければクリックしてくださいね♪

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中