タカラ本みりんを使った酢飯で鯖の棒寿司

毎年5月3日は地元のお祭りです。
お祭りといえば子供の頃は親戚や近所の人が来て、20人以上でごちそうを食べたのも懐かしい想い出です。

大人になってからは帰省したときに、両親ときょうだい一家とお祭りのごちそうを囲むのが楽しみになっています。

ただ昨年、今年は帰省することもできず、お祭りもお預けです😢

というわけで、参加中の「タカラレシピコンテスト2021」のモニタープレゼントでいただいた、タカラ本みりん「国産米100%」使って、懐かしいお祭りのごちそう、鯖の棒寿司を作ってみます。

🍣材料(1本分)

  • 〆さば…1尾
  • おぼろ昆布…適量
  • ごはん…150グラム
  • タカラ本みりん…大匙2
  • 酢…大匙1
  • 砂糖…小匙1
  • 塩…ひとつまみ
  • ごま…小匙1

まず、酢飯を作っていきます。

みりんを小鍋に入れて火にかけて、煮切ります。
ご飯に煮切ったみりん、酢、砂糖、塩とごまを入れて、
よく混ぜて冷ましておきます。
鯖は身の幅が広い部分を切り落とします。
この部分は細くなって尾の方に並べて使います。
ラップフィルムを二重に広げて、その上に〆さばとおなじくらいのサイズにおぼろ昆布を広げます。
その上に皮を下にして〆さばを載せます。
最初に切り取った身は細くなったしっぽのほうに並べて、全体の幅を均一にします。
酢飯を鯖の上に載せます。
ラップフィルムの手前の部分を持ち上げるようにして包みながら握って形を整え、
棒状にラップフィルムで巻き上げます。
両端も折りたたんでぴっちり包んだら、冷蔵庫で1時間以上落ち着かせてなじませます。

ラップフィルムは二重か三重にして、大きめに広げて、しっかりと棒寿司を包めるようにするのがポイントです。

お寿司がなじんだら、少し厚めに切り分けます。
甘酢しょうがを添えたら出来上がりです。
肉厚な鯖が美味しそう😋

来年のお祭りは故郷で楽しめるといいなあと思います。
懐かしい想い出と一緒にいただきます🙌

【レシピブログの「タカラレシピコンテスト2021」参加中】
本みりん・料理のための清酒で作る料理レシピ
本みりん・料理のための清酒で作る料理レシピ
レシピブログのランキングに参加中♪ よろしければクリックしてくださいね♪

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中