ハウスきざみ紅しょうが風ペーストでポークソテー焼きそば風

ハウス食品さん×レシピブログさん」のモニターコラボ広告企画に参加させていただいています。

今回はモニタープレゼントの「ハウス きざみ紅しょうが風ペースト」を使ったレシピを紹介します。

紅しょうがといえば思い浮かぶメニューのひとつに、焼きそばがあります。
ソースの焼けた香ばしさと、青のりの香りに混じる紅しょうがのアクセントが美味しいですよね。

今回はその焼きそばを大胆アレンジして、ポークソテーに紅しょうがのソースを添えてみます。

😋材料(1人分)

  • ポークソテー用豚肉…1枚
  • にんにく…1片
  • 玉ねぎ…1/4個
  • 白ワイン…1カップ
  • フォンドボー(またはコンソメ)…1カップ
  • 生クリーム…1/2カップ
  • バター…1片
  • ハウス きざみ紅しょうが風ペースト…大匙1
  • スパゲティ…お好みの量
  • お好みソース(またはとんかつソース、中濃ソース)…スパゲティの量に合わせて
  • ケチャップ…スパゲティの量に合わせて
  • かつおぶし…小袋1/2程度
  • 青のり・・ひとつまみ
  • 卵…1個
  • キャベツ…1枚
  • マヨネーズ…お好みの量

まずは味の決め手になるソースを作ります。

玉ねぎとにんにくをみじん切りにします。
白ワインを注いで強火で煮詰めます。
水分がほとんどなくなったら、
フォンドボーを注いで、1/3くらいの量まで煮詰めます。
網で濾して、
鍋に戻したソースにハウス きざみ紅しょうが風ペーストを加えます。
生クリームとバターを加えて加熱して、全体がまとまったら火を止めます。

続いてお肉を焼いていきます。
まずは冷蔵庫から出して20分ほど置いてお肉を常温に戻します。

脂の部分に切り込みを入れ、肉を包丁の背でたたいておきます。
フライパンに油を敷いて、煙が出るまで熱したら弱火にしてお肉を入れます。
下面が色づいたら、弱火のまま肉を返し、フライパンに出た油をかけながらじっくり火を通していきます。
両面が色づいたらアルミホイルにとって包み、10分ほど休ませます。

さて、続いて付け合わせの準備です。
まずはパスタを茹でます。

少し長めに茹でて柔らかく仕上げた方が今回の料理には合うと思うので、お肉を焼きながら茹でるのがおすすめ。
茹で上がったら、さっと炒めて、ソースとケチャップでからめます。
焼きそば風のナポリタンって感じですね🍝

焼きそばのトッピングに人気の目玉焼きも焼きます。

油を熱して煙が出てきたら卵をポトリ。
白身の底がカリカリするくらいが好みです😋
休ませたお肉を斜めにそぎ切りにします。
キャベツと一緒に盛り付けたらこんな感じ。

さあ、ソースを仕上げましょう。

お肉を焼いたあとのフライパンをキッチンペーパーでさっと拭って、ソースを入れて火にかけます。
煮立ってきたらOK✨
お肉の上からたっぷりとソースをかけて、
彩りにハウス きざみ紅しょうが風ペーストをトッピングしました。
これが焼きそば進化系のポークソテー😋

豚肉、キャベツ、麺に卵に紅しょうが。
焼きそばを再構築してポークソテーにしてみました。

もともとある日本のおかずも材料や調味料をいったん個々に見直して、組み合わせを変えると新しい料理になって面白いなと思います。

やみつき風味の簡単料理レシピ
やみつき風味の簡単料理レシピ  スパイスレシピ検索
【レシピブログの「新ペーストでやみつきの風味 おいしさ広がる簡単レシピ」モニター参加中】
レシピブログのランキングに参加中♪ よろしければクリックしてくださいね♪

1件のコメント 追加

  1. orca より:

    へぇー!こんな商品があるんですね。
    各社、開発の方には頭が下がりますね。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中