フォアグラとうなぎと大根&ハンバーグ

今回はひさびさのアレンジフレンチメニューの紹介です。

🇫🇷

メインはフォアグラ。
そのものはクラシックなポワレにするのですが、組み合わせをいろいろ考えていて、以前にも作ったことのあるハンバーグと合わせることにしました。

ビストロでも最近見かける人気の組み合わせですね😋

さらにそこに合わせる素材があとふたつ‼

❶大根

洋食だと蕪は定番ですが、大根はあまり使わない気がします。

ただ以前に洋風居酒屋みたいな感じのお店で、コンソメで煮含めた大根にフォアグラをのせたメニューがあったのを思い出して、合わせてみることにしました。

大根は皮をむいて竹串がすっと通るまでレンジにかけます。
片面に格子状に切り込みを入れた大根を焼いていいきいきまいきますいきます。
おいしそうな焼き色がついたらOK👌

❷フォアグラ

フォアグラはカットして牛乳を足した水につけて下処理します。

よく水気を切ったら小麦粉をはたいて、煙が出るまで熱したフライパンを弱火にして投入!

じっくり焼いて、
両面こんなくらいの色になって表面がかりっとするまで焼いていきます。

❸うなぎ😋

うなぎはフレンチの伝統的な料理だと、マトロートという赤ワイン煮込みがあります。

うなぎを筒切りにして赤ワインベースで煮込む料理なのですが、今回は蒲焼を使います。

赤ワインとフォンドボーで蒲焼を温めて、付属のうなぎのタレを加えたらいったん取り出します。

煮汁を半分くらいまで煮詰めて、付属のたれと黒胡椒を加えて、仕上げにバターを溶かします。

❹( 」゚Д゚)」<はんばあぁぁぁぁぁぐ!

えーと、ハンバーグです☺

🏆仕上げます

ハンバーグのソースはみじん切りのにんにく、玉ねぎに赤ワインを入れて煮詰めて、そこにフォンドボーを入れて半量くらいまで煮詰めます。

それをこしてから、みじん切りのマッシュルームを加えてあたためたらバターと黒胡椒を加えたものです。

ハンバーグを盛りつけた横に、大根→うなぎ→フォアグラを重ねたものを添えました。

フォアグラの方には、うなぎを煮たタレを仕上げたものをかけてます。
あとアクセントにお正月に作った、金柑の甘露煮の煮汁を少したらしました🍊

フォアグラは甘いソースが合うんですよね😋

メニューの組み合わせを考えるのって、大変だけどたまにうまくいくととても達成感があって、楽しいなぁと思ったりします☺

レシピブログのランキングに参加中♪ よろしければクリックしてくださいね♪

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中