うなぎ弁当

贅沢だな…贅沢だな…と思いつつ、やっぱり年に何度か食べたくなる鰻。

今年は土用の丑の日が二度あったので、贅沢する言い訳が出来たような気がして、うなぎを食べる機会も多かったかもしれません😋

最近は外食も控えているので、なんとなく気分を出したくて、一人用のお重に盛り付けたお弁当スタイルのおつまみで夜のビールを楽しむことも多くなっています。

うなぎをいただくときも、豪華な感じがしてお気に入り。
そのときはうなぎのしっぽの部分を使って、おつまみもうなぎメニューにしています。

1. うざく

戻した乾燥わかめと極薄切りにして塩もみしたキュウリに、
細く切ったうなぎのしっぽが材料です。
醤油+砂糖+酢を水で割って、
さっと和えたら冷やしておきます。

2. う巻き

卵に出し汁と片栗粉入れてよく混ぜます。

出し汁を入れると生地が緩くなるので、巻きやすくするために片栗粉を加えるのがポイントです。

あとはうなぎを芯にして、
卵焼きを焼く要領です。
片栗粉で生地が繋がっているので、
ほら、きれいにこのとおり!
鰻が入って、豪華です😋

うなぎのしっぽの部分って、蒲焼としていただくときは、ふっくら感が足りないので、こうして使えばメニューも増えておすすめです。

3. うな重弁当

重箱の半分にご飯を敷いてうなぎを載せ、タレをかけてお新香を添えます。
残りのスペースにうざくとう巻きをどどーん🍱

お重に詰めるとお店気分。

ビールも進みますね😋🍺

レシピブログのランキングに参加中♪ よろしければクリックしてくださいね♪

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中