鯖のグリル・バターソース with GABANピンクペパー

皮目をパリッと焼いたサバにバターのソースを添えて、シンプルフレンチに仕立てます。

風味のアクセントはピンクペパー。
コショウボクという木の実を乾燥させたもので、ブラックペッパーの刺激に、フレグランスのような華やかな香りをプラスしたようなフレーバーですが、胡椒とはまったく別の種の植物なんだそうです。

■材料(1人前)
・サバの切り身……1切れ
・塩……ひとつまみ
・胡椒……ひとつまみ
【ソース】
・にんにく……1片
・玉ねぎ……1/4個
・白ワイン……1/2カップ
・コンソメ……1カップ
・バター……1片
・胡椒……ひとつまみ
・GABANピンクペパー……10粒程度

サバの切り身をアルミホイルに載せて、塩胡椒します。

オーブントースターに入れて、10分ほど。
皮がパリッとして、身に火が通るまで焼きます。

ソースを作ります。

にんにく、玉ねぎのみじん切りを白ワインとともに鍋に入れ、水分がほぼなくなるまで煮詰めます。

煮詰まったらコンソメを入れ、今度は水分を1/3程度まで煮詰めます。

網で漉します。
(漉さずににんにくと玉ねぎをソースの具にしても美味しいです。その場合はより細かくみじん切りにしておくと、ソースとよくからみます)

漉したソースを再び火にかけて、沸騰したら火を止めます。
バターを入れて溶かしたら、胡椒で味を調えます。

ピンクペパーは包丁の腹でつぶしておきます。

焼きあがったサバを皿に盛りつけたら、ソースを添えてピンクペパーを散らしたらできあがりです。

親しみあるサバの塩焼きが、一気にワインに合わせたいフレンチのひと皿に。

ピンクペパーは、なかなか自宅に常備することは少ないかもしれませんが、彩りもきれいで、使ってみるといい感じです。

ピンクペパー、ぜひ使ってみてください。

グリル&煮込み料理レシピ

グリル&煮込み料理レシピ スパイスレシピ検索

レシピブログのランキングに参加中♪ よろしければクリックしてくださいね♪

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中