フェンネルの温サラダ卵ソース

20180114_190555.jpg

フェンネル。

日本語ではウイキョウ。フランス語ではフヌイユ。

乾燥ハーブやスパイスとしてのフェンネルシードとして知られていますが、フレッシュを食べる機会は少ないかもしれません。

ちょどセロリのような形で、葉の部分、細めの茎から、根に近い部分は太くてしっかりしています。

葉、細めの茎、太い部分に切り分けて、葉はトッピング用に水にさらしておきます。
細い部分は細かく刻んで、ソース用にとっておきます。

太い部分は縦半分に切り、白ワインとレモン汁、オリーブオイルを入れた水でことこと、すっと串が通るようになるまで蒸し煮に。
柔らかくなったら食べやすいサイズに乱切りにして、お皿に盛り、葉の部分を飾ります。

ゆで卵をつぶして、みじん切りにしたフェンネルの細い茎の部分をマヨネーズで和え、溶かしバターで香りづけしたソースを添えます。

ソースをたっぷりつけていただきます。

 

 

レシピブログのランキングに参加中♪ よろしければクリックしてくださいね♪

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中