欧風カレー

カレーは今や日本の国民食。

そんな言われ方をし始めたことすら、もう何十年も前かもしれません。

それほど親しまれているだけあって、今や様々なバリエーションを見かけるようになりました。

昔風のじゃがいも、にんじんがゴロゴロ入った家庭的なスタイルに、インドカレー、タイカレー。

トッピングまで考えると、カツカレーにハンバーグカレー、目玉焼きカレーと、もはや世界中の料理がカレーと無関係ではないような気がしてきます。

そんな中でも日本の食卓に古くから根付いた、ひとつのスタイルが欧風カレー。

もともと日本は英国風のルーで作るスタイルで、カレーが普及したそうなので、欧風カレーが広まったのも当然なのかもしれません。

ただ市販のルーを使うと、かなりカロリーも高くなるので気になるところ。

そこで赤ワインとフォンドボーを使って、欧風に仕上げながら、ルーを使わないこんなレシピのカレーはいかがでしょう。

小麦粉を使用せず、カレー粉だけを香ばしく炒めます。

焦げる前のギリギリのところで、煮込んだスープでのばします。

さらっとしたタイプになりますが、味はしっかりと洋食屋さんの欧風カレーに近いものになります。

軽めの口当たりはいろんなトッピングとも相性がよく、バリエーションも色々です。

ごろごろビーフカレー。

コロッケカレー。

カツカレー。

お気に入りのマイ・カレーです🍛

レシピはこちらから。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中